求職者

  • HOME
  • 求職者はこちら

鳶職とは

鳶職(とびしょく)とは、一般的に日本の建設業において、高い所での作業を専門とする職人を指す。鳶、鳶の者、鳶工とも言う。町場では地業も行う基礎工事、簡単な間知石積など、またこれらのことから「鳶、土工(土方)」と一括りで呼ばれる。

作業の種類や職業などによって「足場鳶」「重量鳶」「鉄骨鳶」「橋梁鳶」「機械鳶」など多岐に渡りそれらを総合的もしくは専門に行う者がいる。平組は、この中で言う「足場鳶」が主たる業務である。

建築現場では、高所を華麗に動き回る事から「現場の華」とも称される。

名前の由来

棟上の時、梁から梁へ文字通り飛んだので鳶といわれる。道具として代表的なものが鳶口でありこのことからも町火消(延焼家屋を曳き倒すときに使う)、梯子乗り(梯子を支えるのに使う)、木遣り(木をやりまわすのに必要)とは不可分であると言える。またこの鳶口から鳶職といわれる。

または木遣り方、木遣り衆などもとび職の別名であり、遣り方の語源である。

▼採用情報について

 

▼人材教育について

 

採用について・会社見学ほか質問等ございましたらお問い合わせフォームへ。
お気軽にお問い合わせください。